月別アーカイブ: 2013年7月

「鉄アレイで踊ってみた」撮影秘話 大公開

うp以来大好評をいただいている「【鉄アレイで踊ってみた】DreamCreator【謳歌&Kay】」ですが、今回の動画の撮影を担当された酒井晶俊さんから撮影の感想コメントをご寄稿いただきました!

「鉄アレイで踊ってみた」のあんな裏話やこんな秘話が読めるのは和妻悉皆屋だけ!!

こんにちは、酒井です。
今回はサークル和妻悉皆屋の一員として「撮影のお手伝い」ということで参加させて頂きました。
一応予備として、ということで機材を持参したのですが、なんと最後までカメラを回し続けることに…!

実は映像のためにカメラを回すのは初めてだったもので、テスト撮影で膨大な時間を消費してしまいました。
謳歌さん、Kayさん、藤山先生、すみませんでした!
この場をお借りしてスライディング土下座をもってしてお詫び申し上げます。

ところでこの映像、生で見ても相当気持ち悪い動きになってますw
「仕掛けってないよね?」というコメントを見かけましたが、もちろん無いです。
鉄アレイをこんなに軽々と…。
恐ろしい方々ですね…。
最後のシーンは、藤山先生がとても良いライティングをしてくださったので、それに応えて鉄アレイが映えるようにカメラの方でも調整しました。
現場でのプレビューではちょっと暗すぎるかと思ったのですが好評で良かったです。

気がつけばもうすぐ5000再生!
もっと伸びたらいいなー!

動画で見るだけでもあのパフォーマンスの凄さが伝わるのに、現場で生で見たらと思うと・・・
撮影行きたかったー、行きたかったよー!!orz

 

 

あ、あと、どっかの手妻師がこんなのもうpしてましたヨ☆

裏ではまだまだ色んな撮影やプロジェクトが進行なうです。
昨日も手妻師宅で・・・ゲフンゲフン

 

和妻悉皆屋先生の次回作にご期待ください!

(りんのすけ)

撮影のお手伝いをしてきました

まずはこれを見てくれ。

おわかりいただけただろうか?

では、もう一度。

和妻悉皆屋、こちらの動画の撮影に協力させていただきました!
そして例によって、我らが藤山晃太郎がスぺ(ry)ザーとして大活躍しております(どやっ!)

・・・普通にすごいですよね、このパフォーマンス。
すごい。

(りんのすけ)

「おででこでん」のはなし(NGワード:いまさら)

お久しぶりです。

太陽が本気を出し過ぎな今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

ブログの更新がすっかり滞ってしまい、大変・たいへん・TAIHEN申し訳ございません。
ブログ更新担当りんのすけ、ずーっとサボっておりましたが、和妻悉皆屋はこの間もあちらこちらで動いております。むしろ不眠不休の勢いで動いております。

和妻悉皆屋の不眠不休の動きの詳細は追ってお知らせするとして、今回は岐阜県で行われた「江戸の奇術興行 おででこでん」の画像や実際に見られた方の感想などを載っけちゃおうと思います。(NGワード:「いまさら」)

ショッピングモールだったりどこかのホールで手妻を見た事はありましたが、花道や桟敷席などがある芝居小屋で手妻を見たのは今回が初めてでした。CIMG1062

江戸さながらの舞台を・・・ということで生演奏での手妻。
昔ながらの芝居小屋で生演奏とは、何とも風情があるなぁ?と雰囲気に酔っておりました。
CIMG1063

演目が始まり、やはり生演奏は良いなぁと思っていたら、和紙を小刀で切る音や何気ない舞台からの音がすごく聞き取りやすいことに気づきました。
シュッシュッという和紙を切る音から舞台上の一瞬の緊張した空気が何か伝わってくるような感覚を感じつつ、その後に現れる手妻の不思議さ綺麗さが一層鮮明に見えたのが印象的でした。
04
芝居小屋独特の空間のお陰なのか建物の音響特性なのか、客席側の拍手や驚き・ざわめきが会場の一体感や独特の良い雰囲気を醸し出していた気がします。
特に大技が決まった時の場内の盛り上がりは、舞台上の綺麗さと客席の雰囲気とで何とも言えない気持ち良さがありました。

今日は本当に良いものを見たなぁと思いつつ、また機会があったらこういう芝居小屋での手妻は是非とも見たいなぁと思いました。
14

【おまけ】
ちなみに、桟敷席で見てみると・・・
舞台袖の手妻師や見えちゃいけないものが見えたりと、変な意味でドキドキ感があったりしました(笑)

今回の公演では、和妻悉皆屋のオリジナルグッズも販売させていただきました!
CIMG1059

そして今回の目玉(?)
CIMG1061
手妻師ポスター(等身大)
こちらのポスターは藤山晃太郎の公演の他に和妻悉皆屋が参加する各種イベントにて今後も活躍します(予定)

\君も等身大ポスターで手妻師と握手!/

(りんのすけ)