カテゴリー別アーカイブ: SAMURAI MMD

武術の技とモーションをMMDの共有財産に!


3D CGソフト MMD の世界には、「MMD武術演技」や「MMDアクション」などのタグがあり、見応えある派手なアクションの動画が数多く投稿されています。

そのような動画を作るにあたり、これまでは「映画やゲームのアクションシーンからモーションを取る」または「MMDer本人または身近な方を撮影してモーションを取る」などの方法がとられていました。前者はカメラに映っていない箇所は想像で補完するしかなく、後者は技量か縁が無ければできないものです。

話は変わって、武術の世界では、長い間の実践を通じて培われた有用な身体運用法や理合があります。それらの映像アーカイブは貴重です。それ以上に価値があるのは、モーションアーカイブです。モーションデータが残されていれば、どの角度からも見ることができ、細かい重心移動や体捌きがよりはっきりと判ります。しかし、武術家が自前でモーションを取るには費用が大きく掛かり、メリットは薄い。進んでやる人はいませんでした。

そこでふと思いました。この両者が出会ったらどうなるだろう、と。

武術家は、「モーションを取りやすい工夫をして撮影」する。
MMDerは、「気に入った動きをモーション取り」する。
実演動画・モーションデータをクリエイティブ・コモンズとして蓄積する。

すると!!!

  • 武術家の優れた技のモーションが残りッ!
  • MMDerは理に叶った迫力ある殺陣を作品にできッ!
  • 視聴者はクオリティの高いアクション動画を見られッ!
  • 武術がエンターテイメントとして広く親しまれッ!
  • 武術家本人や武術の認知度が高まるッ!

武術家にとって、MMDerにとって、視聴者にとっての、最良解になるのではないか。
誰かが最初の一歩を踏み出せば、世界中の武術家が続いてくれる、かもしれない!
よし、世界を目指した日本発の企画名をつけよう。

そんな経緯で「SAMURAI MMD(通称:侍MMD)」、はじめました。
お披露目の場はニコニコ超会議@幕張メッセ 4/28(日)27(土) 17:10 ホール5 MMD勉強会にて。
また、次回の当サークル主催の武術撮影会は、6月6日(木) 於・浜田山会館です。
ご興味を持たれた方は、SAMURAI MMD レギュレーションをまずはご一読ください。
実演側でも撮影側でもお手伝い側でも見学側でも、参加希望ありましたらご一報を。