SAMURAI MMD レギュレーション

初めての方は、概要をご覧下さい。

■ 1. SAMURAI SIDE のレギュレーション

武術家が実写動画を撮って投稿するのをSAMURAI SIDE(通称:侍サイド)と呼びます。
・モーションキャプチャーしやすい動画撮りをする
・投稿した動画がMMDerに見つけてもらいやすいようにする
この2点が重要です。Youtube等への転載は問題ありませんが、niconicoに上げる方を本家として下さい。

1. 推奨する撮影形式

少なくとも、2台の固定カメラで正面と真横から動きを撮影してください。3台あるなら、正面と左右真横から。もし可能なら、真上からもあると助かります。
動画の頭合わせを容易にするために、録画開始後、すべてのカメラに見える位置で誰か手をパン!と叩いてから武術の演技を始めてください。
床面には、養生テープでマス目を作ってください。間隔は40cm正方マスか、80cm正方マス。
マス目の範囲、カメラの録画範囲から外れないように演技を録画してください。

2. 推奨する編集形式

動画編集するときは、nc70233のアイキャッチを冒頭に入れ、各方位から撮った動画を一つにつなげて投稿してください。冒頭の手を打っている所は映像に含めてください。
編集が難しければ、ビデオ映像そのままの投稿でも大丈夫です。その場合、動画タイトルの後ろに1/3、2/3、3/3などをつけて、同じ演技の動画シリーズであることが判るようにしておいてください。

3. 推奨する投稿形式

投稿する際に、その一連の動きに演技名を付けて下さい。元々の名前が特になければ「八相の構えから袈裟斬り その一」などでもいいし、「型その1」「三人殺陣」などでもいいです。モーションデータと演技の名前を揃えるために名付けをするので、上げる動画が複数になる場合、演技名が重複しないようにお願いします。
クレジットについて、肩書・お名前・連絡先 を基本セットにして動画投稿文に公開して下さい。連絡先は一般に知られても構わない変わりにくいもの、例えばオフィシャルサイトやPCメールアドレス、Facebook、twitter、LINEアカウントなどです。

(動画投稿文 例)

演技名: 殺輪舞(キル・ホイール)
クレジット: 藤山流師範 藤山晃太郎 http://www.wazuma.jp

さらに”SAMURAI_MMD” (間にアンダーバーが入ります)をタグに含め、タグロックして投稿してください。動画に固定タグをつけることによって、MMDerから見つけてもらいやすくします。

これらの推奨項目をいくつか満たしていなくても問題はありませんが、多く満たしているほど使ってもらいやすくなります。

■ 2. MMD SIDE のレギュレーション

侍サイドの動画をモーションキャプチャーしたものをMMD SIDE(通称:MMDサイド)と呼びます。
一般的なモーション配布動画と同様に、目に止まりやすい演出工夫をして頂いて結構です。
Youtube等への転載は問題ありませんが、niconicoにある方を本家として下さい。

1. 必須要件

  1. 動画内に侍サイドの演技名・クレジットを入れて下さい。
  2. 親作品に「3Dミクを躍らせるツールを自作してみた(説明前編)」と、キャプチャー元の侍サイド動画を含めて下さい。
  3. 動画説明文の中に、キャプチャー元の侍サイド動画のリンク・演技名・クレジットを入れて下さい。字数制限が問題になる場合は外部リンクなどで辿れるようにお願いします。
  4. 動画説明文の中に、侍サイドの動画をモーションキャプチャーした vmd データへのリンクを含めてください。Bowl Rollなどアップローダーや自サイトで配布をお願いします。配布時のvmdデータは侍サイドの「演技名」と名称一致させてください。MMDサイドの単一作品内に複数の侍サイドのモーションを含めることは可能ですが、vmdデータは個別に分割して配布して下さい。(個々のvmdが取り出せるのであれば、zip等で固めるのは問題ありません。)
  5. 投稿時には “SAMURAI_MMD” タグをロックして下さい。

これら要件を満たす限り、個別に武術家に許諾を得る必要はありません。

2. 推奨する方針

武術の裾野を広げること、武術家の活動が知られることを念頭に展開して頂けると幸いです。また、この SAMURAI MMD という企画そのものを周知することもお願いしたいです。

3. 再配布について

作品およびその関連データを再配布する際は、その利用者が「MMD SIDE のレギュレーション」に従うように利用条件を指定してください。その他の条件をMMDerが指定することについて特に制限はありません。

■ 3. その他の利用ポリシー

1. 適用範囲

本レギュレーションは、高度な技術を持つ武術家の高品質なモーションが、各種動画作品により良い形で生かされることを目的としたものです。途中生成物であるvmdデータを有償配布することは本レギュレーションの趣旨に反する為、これを禁止します。
モーションを利用した動画やゲーム等の商業作品の制作については、侍サイドおよびMMDサイド双方の許諾があれば可能です。

2. 改訂

運用の結果、本レギュレーションは改定する可能性があります。常に最終版を本URLにて公開し、改訂の履歴は当ブログのSMMDカテゴリに公開していきます。